転職前に知っておきたい外資系企業と日系企業の違い

外資系ってどういう意味なのか

外資系という言葉を耳にすることが多いですが、一体どういう意味があるのでしょうか。外資系とは、読んで字のごとく、「外国の会社」という意味です。外国による出資で成り立っている企業を外資系と言い、外資系は海外ではなく日本で活躍している企業となっています。外国人の出資により立ち上げられた外資系ですが、外資系で働いている人は全て外国人というわけではありません。外資系は日本にある法人なので、働く人たちは日本で現地採用を行っています。外資系の企業では、経営方針に関しては海外の思想を持ち込んでいるため、日系企業とは色々と異なる点が多いです。従って、初めて外資系企業へ転職する場合は、事前に外資系企業と日系企業の違いについて知っておくことが大切でしょう。

外資系と日系には明確な違いがある

外資系は、実力主義の世界で従業員の待遇も能力が高いほど優遇されています。日本特有の固有制度に、年功序列があります。年功序列は勤続年数や年齢によって昇給や役職が決定するというものですが、外資系は常に実力勝負の世界であり、年齢は関係ありません。実力さえあれば若くても出世しやすく、成果さえ出せば同世代と比べても給料が多いということもあります。 また、日系企業の場合だと一から人材を大切に育てるという風習がありますが、外資系には新人という概念がありません。外資系は即戦力になる人を求めているため、そういう意味では成果を上げられなければ給料激減、契約打ち切りの可能性もあります。外資系を選ぶか、日系を選ぶかによってその人の働きやすさは大きく変わるでしょう。結果を出せば、それに見合ったポストと待遇が与えられる外資系。出世したい、能力を試したいという場合は、外資系の転職を目指すのも良いのではないでしょうか。