外資系企業への転職準備・転職活動の進め方

外資系に特化した転職イベントに参加しよう

外資系企業への転職を考えているときには、定期的に大規模な会場で開催されている外資系に特化した転職イベントに参加をして、お目当ての企業のブースに足を運ぶことがおすすめです。多くの求職者が集まるイベントにおいては、外資系企業の人事や営業、企画など色々な職種の担当者と話をしながら、転職後のイメージを膨らませることもできます。また、語学力が高い人や、専門的な職種の経験が豊富な人は、イベント会場内で一次選考を受けられるケースもあります。なお、各地の外資系の転職イベントの開催情報や参加者の口コミなどは、大手の転職サイトなどに掲載されることもあり、転職活動を順調に進めるため、便利なメディアを日ごろから上手く活用しましょう。

ビジネス英語を学んで選考の対策をしよう

外資系企業の採用試験を通じて志望企業の人事担当者に興味を持ってもらうには、早い段階からビジネス英語を習得して、履歴書や職務経歴書を作成することが大切です。特に、多国籍の従業員が勤務している外資系企業に転職をする場合には、業務中に英語でコミュニケーションを図る機会が多くなる傾向があります。そこで、書類選考や面接をスムーズに突破するため、時には転職エージェントや人材紹介会社などに相談して、書類選考や面接の際に自分自身の英語力をアピールできるよう努力をすることが大事です。その他、ITや生産管理など技術職に興味がある人も、転職先によっては海外赴任の対象となることがあるため、日頃から油断をせずに英語学習に取り組むことがポイントです。