外資系転職のメリット・デメリット

海外勤務を経験してキャリアアップを図れる

外資系転職をするメリットとして、海外の本社や支社で駐在員として働きながら専門的なスキルを磨けるのはもちろん、帰国後に海外で得た経験を生かしてキャリアアップを図れることがあります。そのため、将来的にグローバル規模で活躍の場を広げたい人は、業績の良い外資系企業への転職を希望することがおすすめです。最近では、中途採用者を対象に数年おきに国内で色々な職種を担当させた後に海外勤務を命じている外資系企業が多くあり、国内外の様々な部署で力を発揮できる環境が整っています。そうした中、自分の得意な分野や、過去の社会経験を活かせる外資系企業を選ぶにあたり、優良企業が集まる就職セミナーなどに足を運ぶと良いでしょう。

仕事の成果によって給料が大きく上下することがある

実力主義の評価システムが導入されている外資系企業では、仕事の成果によって基本給や手当の金額が大きく上下することがあり、収入が安定しにくいといったデメリットもあります。特に、仕事の出来栄えを数字で把握しやすい外資系企業の営業職や企画職などに転職したい場合には、志望企業の人事評価のポイントを就活中にきちんと押さえておくことが大切です。また、海外に本社がある外資系企業の中には、年俸制で給料が支払われることもあるため、日本企業との違いについて早めに理解をすることがおすすめです。その他、転職をした後に大幅な年収ダウンを避けたい人は、最低限の基本給が保証されている外資系企業を転職先の候補に選ぶと良いでしょう。