外資系転職の面接で好印象を与えるコツ

語学力よりも人付き合いの良さをアピールするのが効果的

外資系企業は仕事の性質上、外国と取引をすることが多々あります。そのため、英語をはじめとする外国語が堪能な人が重視されると思われがちです。語学力が高いことも重要ですが、それ以上にコミュニケーション力に長けていることが外資系企業で働くための条件になります。外国人の価値観や考え方は日本人とはまったく異なるケースも少なくありません。そのような人とでも仲良く接することができる、人付き合いの良さがビジネスの現場で求められます。語学力は入社後に勉強してもある程度のレベルまで身につきますが、コミュニケーション力は勉強してどうにかなるものではありません。誰とでも分け隔てなく接することができる人は国際ビジネスの場で活躍できる貴重な人材と見なされることから、面接では自分がいかに人付き合いが良いかをアピールするのが良い方法です。

社交性と誠実な姿勢を持っていることが重要

人付き合いが良く、様々な人に対して平等に接することができる人が外資系企業の求める人材です。しかし、時と場合に応じて他者との接し方を切り替えることができる柔軟性が必要であることも忘れてはいけません。面接の際は自身がTPOに応じた対応ができる、社交性を持つ人材であることを示すことが大切です。学生時代の交友関係を例に出して、具体的な成功例と失敗例を挙げるのが良い印象を持ってもらうコツになります。本来なら隠しておきたい失敗例をあえて示すことで、隠し事が無い誠実な人間であることを印象づけることが可能です。説明の際は客観的に事実だけを述べるのは当然ですが、その中に少しだけユーモアを交えるのも良い方法です。どのような状況でも余裕を持って臨むことができることをアピールする効果があります。